面接で聞かれる志望動機を考えておこう

求人に応募した際に、必ず試験として面接試験を受けることになります。

面接の質問に求められる答えをチェックしよう

面接で聞かれる志望動機を考えておこう 求人に応募した際に、必ず試験として面接試験を受けることになります。そのため殆どの人が面接試験を想定して、事前に準備することが多いです。着ていく洋服や髪形や持ち物などもそうですが、想定される質問に対して自分はどのように答えようか考え事前に準備しておきます。ですが実際に想定される質問に対し、企業が求める答えが含まれた回答になっているかというとそうではないことが多いです。質問に答えているつもりでも、企業側からすると聞きたいことが含まれていなかったり、まったく見当違いな回答だったりすることが多いからです。そのため面接試験の対策として、想定される質問に対して自分の答えを紙に書いてみるとよいです。

実際紙に書いてみることで、企業が求めている内容が含まれているかどうかがチェックできます。例えば想定される質問として、わが社を希望した理由は何かという質問があります。企業にとってこの質問には応募し会社をちゃんと調べているかどうか、意欲や熱意に希望理由が本人の中ではっきりしているかなどを知りたい質問です。自分が紙に書き出した答えの中に、企業が求める内容がちゃんと含まれているかどうかをチェックして改めて見直してみることが大切です。自分では気がつかなかった点に気がつけるきっかけとなり、面接試験をより採用へつなげることにもなります。

お役立ち情報

Copyright (C)2019面接で聞かれる志望動機を考えておこう.All rights reserved.