面接で聞かれる志望動機を考えておこう

転職の面接は短時間ですむ会社もありますが、一般的には30分〜60分といったところです。

面接に備えて逆質問は必ず考えておこう

面接で聞かれる志望動機を考えておこう 転職の面接は短時間ですむ会社もありますが、一般的には30分〜60分といったところです。その間、ずっと緊張しながら何を聞かれるかドキドキして過ごすのはなかなか大変です。面接が終わった後にはかなり疲れてしまう人もいらっしゃるでしょう。面接が終わりに近づき、最後に質問はありませんかと聞かれるケースは多いです。このとき、ありませんと答えて面接を終わらせてしまうのはもったいないので、質問できるように考えておいた方がよいでしょう。レベルが低い質問をして失敗してしまうケースもあるでしょうが、良い質問をすれば仕事への熱意をアピールすることができます。逆質問はやる気をアピールするよい機会なので逃してはもったいないです。

質問をするためには、企業のことを調べておかなくてはできません。企業情報をしっかり調べて質問してみたいことを探しましょう。企業情報を見ればわかるようなことではなく、ぜひ入社したいということが伝わるようなことを質問するようにしましょう。入社したところをイメージしてみると、質問が思い浮かぶかもしれません。また、給料等の条件面について質問したい人も多いでしょうが、条件ばかり気にするとあまり良い印象を与えませんので注意しましょう。面接中に質問したかったことが解決するかもしれませんので、いくつか用意しておくとよいでしょう。

お役立ち情報

Copyright (C)2019面接で聞かれる志望動機を考えておこう.All rights reserved.