面接で聞かれる志望動機を考えておこう

社会人として働いている人でも、様々な理由から転職を考えるひとは多いです。

転職での面接試験で答えてはいけない事について

面接で聞かれる志望動機を考えておこう 社会人として働いている人でも、様々な理由から転職を考えるひとは多いです。転職をする場合は新たな企業の求人に応募し、面接試験をうけるため事前に対策などをする人も多いです。そんな面接試験ですが、新卒などの学生が受ける面接とは違い転職の際に行われる面接試験で必ず聞かれる質問というものが実はあります。それは何故前の会社をやめたのですかという質問です。転職先の企業にとって、何故前の会社をやめてうちの会社に応募してきたのか、その理由が知りたいのは普通です。なので、必ず聞かれる質問として答えを準備しておくのが基本となります。

答え方の例としては、前職では自分の仕事をやりきった感じがあるから新たな仕事へ挑戦したかったというように、前向きな理由が良い印象を与えて良いです。素直に以前からこの会社の業種に興味があり、社会人を数年経験した新たな自分で挑戦したかったといった答えでも良いでしょう。逆に絶対言ってはいけない答えとして、前の会社の悪口があります。給料が安かったや業績が悪かった、自分を評価してくれなかったなど、例えそれが転職を決める本当の理由だったとしても、面接の時の答えとしてはふさわしくありません。転職先の企業枯らしては、不満が多い人だなといった印象や、採用したら会社で文句言われそうなど感じてしまい不採用につながるので、十分注意するようにすることがポイントです。

お役立ち情報

Copyright (C)2019面接で聞かれる志望動機を考えておこう.All rights reserved.