面接で聞かれる志望動機を考えておこう

就職活動というと新卒の学生が行っているイメージが強いですが、実は社会人を経験している人でも就職活動を行っている人は実は多いです。

転職での面接試験では初心を忘れずに

面接で聞かれる志望動機を考えておこう 就職活動というと新卒の学生が行っているイメージが強いですが、実は社会人を経験している人でも就職活動を行っている人は実は多いです。その活動は新たな業種へのチャレンジや、自分自身のスキルアップ、また給与への不満や会社への不満などの理由から転職としての就職活動になります。転職といっても学生と同じように面接試験がありますので、しっかりと対策をして挑むことがポイントになります。ただし転職活動の場合忘れがちになってしまうのが、面接試験での基本的な部分です。面接試験の場合第一印象がかなり重要になります。会社の受付の時から始まっており、入室から挨拶までの一連のながれで、印象の殆どがきまります。

社会人を経験するひとにとって怖いのが、仕事に対する慣れにあります。学生の頃と違って会社で働いていたため、その雰囲気などが当たり前になってきています。その為、面接試験にも関わらずさほど緊張せずに受けてしまう人が多いです。ですが、面接試験はしっかりとした試験なので、細かいところまでチェックされています。受付時の対応や入室時の作法や挨拶、椅子の座り方や姿勢にスーツなどの手入れのされ方など、新入社員と同じように最低限のマナーができているかが見られます。転職での面接ではそういった基本を見落としがちな人が多く、不採用になる場合も多いので初心を忘れずに面接試験を受けるようにすることが重要です。

お役立ち情報

Copyright (C)2019面接で聞かれる志望動機を考えておこう.All rights reserved.