面接で聞かれる志望動機を考えておこう

新卒の学生でも転職する社会人でも、面接試験がなかなかうまくいかないという人は多くいます。

面接官のタイプを探ろう

面接で聞かれる志望動機を考えておこう 新卒の学生でも転職する社会人でも、面接試験がなかなかうまくいかないという人は多くいます。そのうまくいかない理由としてですが、面接のマニュアルにそって面接試験を受けてしまっているという点があるからです。もちろん基本的な面接マニュアルは重要であり、守るべきルールが多くあります。ですが面接試験をする試験官も同じ人なので、好みやタイプなどが採用に大きく影響する場合があります。例えば面接のマニュアルでは元気にハキハキと答えるようにと記載されています。もちろん元気がありハキハキと答えることは良いことですが、面接官にとってはそういった傾向をあまり希望してない人も実は居るからです。

例えば元気に自己アピールをした際、試験官の反応が元気でいいですねという答えが返ってくる場合と、もう少し静かに話してもらって大丈夫ですよという答えが返ってきたとします。この場合は元気がいいと返してた試験官にとっては好印象だと分かるので、そのままハキハキとして受け答えで問題ありません。ただもう少し静かに話して大丈夫ですよといった面接官の場合は、元気よりも落ち浮いて冷静に話してくれるタイプのほうが好みなのだと分かります。その場合は、以降の受け答えは少しトーンをおとし冷静に対応するよう変えることがポイントです。面接試験は緊張しますが、面接官の好みなどを探りながら受けるのも、採用へとつながります。

お役立ち情報

Copyright (C)2019面接で聞かれる志望動機を考えておこう.All rights reserved.