面接で聞かれる志望動機を考えておこう

企業の採用担当者と言うのは、面接を受けに来た人の強みだけを知りたいわけではありません。

面接を受ける前にやっておくこと

面接で聞かれる志望動機を考えておこう 企業の採用担当者と言うのは、面接を受けに来た人の強みだけを知りたいわけではありません。欠点も知りたがっています。むしろ、この欠点を知ることに重きを置く採用担当者が多いです。なぜかと言うと、その欠点が致命的なものなら、採用を踏みとどまらなければいけないからです。となると、面接を受ける人にすれば、自分の欠点は隠した方がいいと考えるでしょう。しかし、それは逆効果です。隠せば隠すほど致命的な欠点を持っているのではないかと、採用担当者に不信感を抱かせることになります。それに、ベテランの採用担当者は、隠しても見抜きます。

自分の欠点は積極的にさらけ出した方が賢明でしょう。とは言え、ただ欠点を言って終わりと言うのではいけません。欠点がありますが、その欠点を克服するために努力していると言うことをしっかり伝えることが重要になってきます。こう言う風に言えば、採用担当者も安心するでしょう。不信感を抱くこともありませんし、あれこれ詮索されることもなくなります。ですから、面接を受ける前には、自分の欠点を洗い出すようにしましょう。自分の欠点を知ってカバーすることが大事です。決して、自分の欠点から目をそらしてはいけません。

お役立ち情報

Copyright (C)2019面接で聞かれる志望動機を考えておこう.All rights reserved.